2019年11月07日

色彩検定その2(2018年冬期2級編)

夏期(6月)に受験した3級に続いて冬期(11月)に行われる2級の試験に挑戦。3級が案外気楽だったので、勉強に本腰が入らずいつの間にか9月に入ってしまった。公式テキストを読んでみると、覚える内容も格段に多く、書かれている内容をなかなか理解できないではないか。ちょっとスタートが遅すぎたか・・。今回は公式テキストと過去問に加え色彩検定2級問題集、それと日本色研の配色カード199aを購入。しめて7千円ほどの投資だ。買ったからには無駄にはしたくない。




なんだか魅力的な単語が・・
色相とトーンとの組み合わせ、何通りもある配色を系統的に整理した配色用語が沢山出てくる。それらの中には、響きが良く、良いネーミングだな〜と思わせるものがある。ナチュラルハーモニー、コンプレックスハーモニー、スプリットコンプリメンタリー・・といった用語など、音楽グループのユニット名に合いそうだ・・・なんて妄想しながら配色を覚えてゆく。

  

理解不足のまま受験
公式テキストで学んでは問題集を解いてみるものの、いまひとつ理解できていない箇所が随所にあり、点を取れる部分と取りこぼす部分の差が大きい。理解不能の部分を残しながら11月24日の試験日を迎える。
試験後自宅で自己採点をすると正解率7割。毎年微妙に2〜3%は上下するらしいが、合格ラインは正答率70%らしいから、合否は微妙なところだ。
しばらくして結果が送られてきたが、案の定不合格。あと1問合っていれば合格というギリギリのラインだったので、悔しさも半端ない。こうなったらリベンジするしかない。絶対に来年の夏期も受ける!!そう決意した。



posted by Fumie at 02:22| blog | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。