プランニング/編集/グラフィックデザイン クリエイティブオフィス・ハーズ

★ 最近の記事
★ カテゴリ
Gallery   blog   Link  

ムーンライトタイム - ☆ - ☆ - ☆ - ☆ -

日々の出来事を振り返る クリエイティブオフィス・ハーズのブログ
デザインにまつわる近況やビジネスに関する情報、あれやこれやをアトランダムに掲載しています

Moonlight Time

blog

2016年06月21日

オススメ!電子書籍『恋するアラフォー女子の自然派デトックス』

アラフォーのみなさーん!
表紙デザインをさせていただきました『恋するアラフォー女子の自然派デトックス』(榎本  小百合 著) をご紹介いたします!

健康な身体になるには、「気・血・水」のバランスを整えること、そのために背中がいかに大切であるか再認識しました。

すらすら読みやすく、すぐに実践出来るおすすめ電子書籍です。


詳細、サンプルはこちら→Amazon



スクリーンショット 2016-06-21 17.29.59.png



AmazonのKindle無料アプリをダウンロードすると、いろんな電子書籍が楽しめます!



posted by Fumie Katakura at 17:40

2016年02月13日

第36回 京都デザイン会議が開催されます!

「第36回 京都デザイン会議」はパネラーと参加者が直接意見を交換する、注目の双方向型のイベント。京都に縁の深いパネラー(細尾真生氏、村田智明氏、西堀耕太郎氏)をお招きして、グローバルワーキングについて考えます。

第一部シンポジウムでは、各氏の仕事事例をお聴きし様々な 角度からの問題解決を探ります。第二部は会場の皆様と共にディスカッションを行います。そして最後に、自由参加の交流会もあります。

「京都から世界へ・・何をどのように発信すれば良いのか」
この答えを見つけてみませんか? ただ今参加者募集中です!

面白いイベントになること間違いなし!です。


83x83n838a815b839383v838783b83g202016-01-282015.17.14.png

テーマ:グローバルワーキングを考える。
    •    世界に発信する「京都に縁のある三人に」何を聞きたい?

■日 時:平成28年2月28日(日) ※開場PM 1:20
    •    シンポジウム   PM 1:40〜3:20
    •    ディスカッション PM 3:00〜4:40
    •    交流会      PM 5:20〜7:30(希望者のみ<会費6,000円>)

■会 場:京都市国際交流会館[2階特別会議室]
       
京都市左京区粟田口鳥居町2-1 TEL.075-752-3010
  

●シンポジウム/パネラー
    •    株式会社 日吉屋  代表取締役 合同会社T.C.I.研究所 代表 西堀耕太郎
    •    株式会社 細尾   代表取締役社長             細尾 真生
    •    株式会社 ハーズ実験デザイン研究所代表取締役
    •    京都造形芸術大学大学院教授 SDI所長          村田 智明

■参加費用:先着80名 1,000円
posted by Fumie Katakura at 19:52

2015年09月17日

京都デザイン賞2015の募集始まる!

毎年恒例の公益社団法人京都デザイン協会主催の『京都デザイン賞 2015』の作品募集が始まりました。

title1380-264.png

テーマは「新しい京都のデザイン」。グラフィック、インテリア、ディスプレイ、建築、都市計画、プロダクト、テキスタイル、コスチューム、など幅広いジャンルのデザインが応募できます。
この機会にあなたの作品を応募してみませんか?

【審査基準】
  • 斬新な京都のイメージを創出している。
  • 独創性がある。
  • 使いやすい配慮がなされている。
  • 新素材、技術に挑戦している。
  • 環境への配慮がなされている。
詳細はデザイン協会ホームページ『京都デザイン賞』をご覧下さい。
応募登録締め切り2015年9月30日(水)


京都デザイン協会理事にとってこの時期になると、「慌ただしいシーズンが始まったな」と思います。
応募作品の受付や、会場(京都市立芸術大学)設営と搬入、選考会、入選作品展の会場(旧京都府庁本館)設営と搬入、表彰式とパーティー、作品撤収・・と目まぐるしい日々が過ぎていきます。理事会メンバーは皆デザイナーとして多忙な日々を過ごしながら、これらの作業を共同して行っているのです。中でも半年以上前から企画し関係各署と協議を重ね、全てを動かしていく実行委員長の采配、エネルギーと行動力には毎年毎年頭が下がります。

公益社団法人京都デザイン協会は、「デザインを通じて京都の地域産業の振興とその国際的独自性の確立をはかり、併せて京都の心豊かな地域生活環境の形成に寄与することを目的」に活動している組織です。意志を同じくするデザイナーが集って様々な催しに取り組んでいくのは大変なことですが、微力ながら私もその中で活動できることで学ぶことが多大にあります。
さて、今年はどんな作品が寄せられるでしょうか。
意表を突く作品、目から鱗の作品など、私たちデザイナーにとっても背筋の伸びるような様々な発見と気づきの季節なのです。



posted by Fumie Katakura at 11:33
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。